仮性包茎の手術を受けて感じた痛み

仮性包茎の手術で気になることの一つは、痛みです。
手術前や術中は激しい痛みが伴うのではと不安に思うかもしれませんが、実際には全く感じません。
局所麻酔を行うので術前はペニスがチクッとしますが、それ以外は無痛と言っても良いほどです。
もし局所麻酔に対しても恐怖があるなら、スプレー式やシール式の麻酔を使ってくれます。
こうした配慮をしてもらえると、局所麻酔で痛いと感じることもないでしょう。
仮性包茎の手術をした直後は、術前の局所麻酔がまだ効いているので問題ありません。
しかし3時間から4時間ほどしてくると麻酔が切れて、徐々に感じるようになります。
多くの男性はその状態でも我慢できますが、クリニックでは術後に痛み止めを処方してくれます。
もし我慢できないようなら、処方された薬を飲むようにしましょう。
仮性包茎の手術後に襲ってきた痛みは、数日間続きますが徐々に消えていきます。
人によって差はあるものの、1週間もすれば全く感じなくなるでしょう。
痛いイメージがあると、仮性包茎を治療するのが嫌になるかもしれません。
しかし術前から術後まで痛いと感じる場面は少ないので、仮性包茎を治したいならクリニックに行くのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です