仮性包茎の手術は痛みを感じない

ずっとコンプレックスだった、仮性包茎の手術を受けることにしました。
手術と聞いて相当痛みを感じるものなのだと考えていたのですが、実際に受けたことがある人の話を読んだり、カウンセリングを受けたりしたことで少し不安をなくすことができました。
仮性包茎は手術時間があまり長くなく、大体30分ほどで終了するといわれました。
無料のカウンセリングを受けてからの手術になるので、気になることなどはそのときに確認しておくといいでしょう。
はじめにズボンと下着を脱ぎ、そして台の上に横になったところ、スプレーのようなものを性器に振り掛けられました。
これは何ですか、と訊いたところ、表面麻酔だということです。
注射を打たれても痛みを感じないほど強力だということで痛みの不安は解消されました。
横になっている状態なので、実際にどのように行われているのかはわかりませんでしたが、あっという間に皮を切られ、最後に縫合されて終了です。
縫合されている間もまったく痛みを感じることもなく、ただ寝ているだけでいいので楽でした。
包帯を性器に巻かれたのですが、これはトイレで尿をして汚れたら交換するという感じなのであまり心配をする必要はないということでした。

仮性包茎の手術にかかる費用

日本人男性の7割ほどが仮性包茎であると言われています。
この状態というのはどういうことか女性にとってはわかりにくいと思われるので、詳しく説明することにしましょう。
この仮性という状態は皮が亀頭にかぶったままの状態のことをいいます。
見た目としてはそれほど悪いものではありませんが、勃起に障害が生じてしまったり、性行為の際に感度が悪くなってしまうなど様々な不都合なことがあります。
後は見た目の問題ですが、女性はさほど気にならないものの、男性の場合はこの状態を気にしている人も多いようです。
この仮性包茎の状態を改善するためには、やはり手術が必要になります。
治療を決断する男性の多くが、見た目や衛生面での悩みを抱えており、たしかにこの状態というのは衛生的に好ましい状態ではありません。
女性から嫌がられてしまったことで治療を決意したという男性が多いのも頷くことができるのです。
さて、気になる手術費用についてですが、仮性包茎の場合はそれほど難しい手術を必要とするわけではなく、ナイロン糸を使用した環状切開の場合であれば7万円程度で手術をうけることができます。
他の病院で治療を受けたものの仕上がりが気に入らない場合には修正することができます。

仮性包茎の手術を受けて感じた痛み

仮性包茎の手術で気になることの一つは、痛みです。
手術前や術中は激しい痛みが伴うのではと不安に思うかもしれませんが、実際には全く感じません。
局所麻酔を行うので術前はペニスがチクッとしますが、それ以外は無痛と言っても良いほどです。
もし局所麻酔に対しても恐怖があるなら、スプレー式やシール式の麻酔を使ってくれます。
こうした配慮をしてもらえると、局所麻酔で痛いと感じることもないでしょう。
仮性包茎の手術をした直後は、術前の局所麻酔がまだ効いているので問題ありません。
しかし3時間から4時間ほどしてくると麻酔が切れて、徐々に感じるようになります。
多くの男性はその状態でも我慢できますが、クリニックでは術後に痛み止めを処方してくれます。
もし我慢できないようなら、処方された薬を飲むようにしましょう。
仮性包茎の手術後に襲ってきた痛みは、数日間続きますが徐々に消えていきます。
人によって差はあるものの、1週間もすれば全く感じなくなるでしょう。
痛いイメージがあると、仮性包茎を治療するのが嫌になるかもしれません。
しかし術前から術後まで痛いと感じる場面は少ないので、仮性包茎を治したいならクリニックに行くのがおすすめです。

PRホームページ
仮性包茎の手術、まずは専門クリニックで相談を
メンズサポートクリニック
フリーダイヤル:0120-76-6800